COLUMN コラム >店舗向上委員会

  PLAN8 シミュレーションゴルフで新しい客層を掴む!!

DCMが解く、商品導入のメリット

 ①集客の幅が広がる

 ②他店舗と差別化できる!

 ③ダーツライブカードとの連動

バーディーワークス

BIRDIE WORKS

ゴルフが生み出す顧客層

国民的な生涯スポーツとして多くの人に親しまれている「ゴルフ」。日本の人口のうち約12人に1人がゴルフをしているようだ。そこで、今回ご紹介したいのが本格パッティングマシン「バーディーワークス」だ。バーディーワークスは多彩なゲームが搭載されており、楽しみながらパターのスキルアップができるエンターテイメントマシンだ。誰もが気軽にゴルフをすることができる。これをダーツ店舗に設置すれば、ダーツ好きに加え、ゴルフ好きの客層も狙えるというわけだ。

ゴルフダーツの類似点

一見、ダーツとゴルフはそれほど関係がなさそうだが、実は深い共通点がある。それは、メンタルスポーツだということ。どちらも精神的要素が結果を大きく左右するスポーツだ。店舗にゴルフとダーツ2つがあれば、楽しみながらメンタル面のトレーニングができるので、お客様を惹きつけるきっかけになるのではないだろうか。

バーディーワークスの魅力

ところで、バーディーワークスにはどんな魅力があるのだろうか。4つのポイントをご紹介しよう。まず1つは、300以上のシチュエーションを再現できることだ。傾斜や距離などリアルに体感できる。2つ目に、多彩なゲームを搭載 していること。プレイヤーの好みに 応じた様々なゲームモードで、楽しく パッティングができる。3つ目に、省スペースで設置が可能なことだ。ゴルフシミュレーターの半分のスペースで設置できるので、店内を有効活用できる。 4つ目に、ダーツライブカードに対応していることだ。パッティングの成功率など記録し閲覧できる。また、一緒に遊んだ相手を自動的に登録するので、新しいコミュニティーが生まれるのだ。カードを通じて、ダーツとゴルフを気軽に楽しめるはずだ。

バーディーワークスで “モテる“店舗に

バーディーワークスの魅力をおわかりいただけただろうか。ダーツに加え、ゴルフを取りれることで、新しい客層を掴むだけでなく、他店舗との差別化ができる。お客様の数もどんどん増えていくだろう。ぜひ一度、バーディーワークスの設置を考えてみてはいかがだろうか。